読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No Life No Meditation マインドフルネスな日々

瞑想と出会って10年、さまざまな瞑想を体験してきた、日々の雑記

瞑想ことはじめ その2

前回の続き:

オーラソーマカラーケアシステム のティーチャーである、アマリンH.青山さんの名古屋にあるサロンで、『瞑想コース』を受けることになったのだ。

 

なぜ、そうなったのかというと、アマリン先生のインドツアーに申し込むためだった。

その頃、インドのマスターであるOshoの瞑想センターに行きたい、と強い思いがあった。 

www.osho.com

事前のインタビューで、2日間の瞑想コースを受講すること、その後最低でも一ヶ月以上、朝晩のOSHO瞑想を行うこと、が1月末からツアーに参加するという条件、と言われて一念発起したのを覚えている。

 

確か、季節は12月だったように思う。

初めて、瞑想コースで座って目を閉じて、アマリン先生のガイドのもと瞑想をいざ始めると、お腹がやたらとごろごろとして、げっぷが止まらない。

その状態は、しばらく続いた。

Osho アクティブ瞑想の中でも、朝の瞑想であるダイナミック瞑想、夕方の瞑想であるクンダリーニ瞑想は、体を動かし時には声も出し、ジャンプしたり踊ったりと驚きの連続だったが、動きの後の横たわってのレット・ゴーの状態は、不思議となんにもないような、からっぽな感覚な静けさが自然と感じられた。

 

その後は、自宅での朝晩のアクティブ瞑想を自分なりに一人続けて、いよいよ西インド、プネーにある Osho International Meditation Resort へ旅立つことになった。

 

瞑想ことはじめ その1

書店にいって、ここのところ驚いたのは

瞑想をテーマにした書籍の多さである。

このブログのタイトルの下にもあるように、私自身が本格的に瞑想というものを知ってから10年ほど経っている。

その頃私が手にした書籍で、ひとりでできるヒプノセラピーという本が今も手元にある。

 

森の中のベンチに出かけていき・・・退行催眠の誘導に添って聞いていると、寝落ちしてしまうことも、しばしばだった。

以下はCD付きブック↓

 

ひとりでできるヒプノセラピー

ひとりでできるヒプノセラピー

 

 当時の私は、心理学的なことを学び、キャリアカウンセラーとして、経験を積み始めていたころだ。

ヒプノセラピーについても、瞑想についても無知だった。

今でこそ、大人である私たちの内面に存在している、子どもの質を持った自己である

インナーチャイルド』というに出会う、というコンセプトそのものが???

ちょっと想像できない感覚だった。

 

購入した順序は定かではないのだが、これもガイド瞑想のCDが付いた書籍だ。

以下は、CDブック↓

ワイス博士の前世療法 (瞑想CDブック)

ワイス博士の前世療法 (瞑想CDブック)

 

こちらの瞑想CDは、前世に退行できるという催眠のためのものになっている。

横たわって、自分なりに何かを感じたい、感じよう、何か見たい、と思っていたのがやはり気付くと眠っている・・・。

瞑想を始めた人の多くは、瞑想=睡眠導入的になっているかもしれない。

私自身、横になったときだけでなく、椅子に座った状態でも、眠ってしまっていた。

相当、頭も体も疲れていたのも事実。

 

そんな事が続いていた私が、瞑想好き人間に変ったのは、この方との出会いから始まった。

www.fili.co.jp

との出会いが始まりだった。